健康診断で「大腸がん」が見つかり、S字結腸とリンパ節を20僉∧腔鏡で切除しました。

 

術後 もうすぐ2ヶ月。

退院後 1ヶ月半。

 

順調に回復して日常生活を送る中、溶連菌感染症と気管支炎にかかりました。

 

(関連記事)「S状結腸癌(退院後1か月半)溶連菌感染症&気管支炎にかかる。

 

●溶連菌感染症 2日目。頭痛と吐き気と口内炎。

 

昨日は、病院から帰宅後は熱も下がり、比較的動けました。

一旦横になってしまうと、一気に体がだるくなり動けなくなるので、

動けるうちにやれる事を済ませて 早めに就寝。

 

そして朝。

 

熱は無いけれど、だるい。とにかくだるい。

「幼稚園に送り出すまで頑張って、その後はゆっくり静養しよう…!」と、気力で乗り越えた朝。

 

朝は食欲がなかったので、バナナとヨーグルト。

気が付くと、昨日は無かった口内炎が出来ていました。

 

朝の動ける状態の時間に、洗濯・最低限の掃除を済ませてから 回復モードへ。

 

起きている時は、吐き気が。

横になると頭痛。

体は横になりたがっているので、処方された薬を飲んだ後に 横になって休む事に。

 

幼稚園のお迎えまで、時間が許す限り 体を休めました。

こういう時、幼稚園は本当に助かる…!

 

 

S状結腸癌(大腸がん)の退院後は、ちょうど春休み期間中。

1日中子どもといるのが、結構きつかった記憶が…(^^;)

横になりたいし、

遊んであげられないし、

外に連れて行ってあげられないし…。

 

春休み中延長保育を利用できたけれど、その場合はバス無しで 送り迎え。

「退院後に送り迎えはきついなぁ…」と、延長保育は利用せずに乗り切ったのでした。

 

 

ゆっくり休めたおかげか、午前中にあった 頭痛・吐き気も治まり、午後には復活。

喉の腫れも落ち着きました。

明日には、完全復活できるかな??

 

抗生物質を飲み終わるまでは、マスク生活を続けて 無理は禁物!

 

●「元気!」と思っても、まだまだ油断禁物

 

溶連菌感染症は、子どもがかかるイメージでした。

(「溶連菌」は子供が幼稚園に入ってから存在を知りました…)

 

大人がかかる場合、抵抗力が弱っている場合だとか。

 

子どもはただの風邪で、私だけが溶連菌感染症にかかった今回。

それほど抵抗力が落ちているのか…。

 

退院して1か月半経ち、「そういえば癌の手術を受けたっけ?」と癌だったことを忘れるくらい、

普通に日常生活を送っています。

 

それでも、まだ完全には回復しきっていないのか…??

「すっかり元気!」と油断していた…??

 

先週は食べ過ぎで腹痛に襲われたり、自分の体調について考えさせられる機会が多いこの頃です。

 

(参考記事)「S状結腸癌 退院1ヶ月過ぎの反省…食べ過ぎ?腹痛でぐったり、そして目指すもの。

 

 

 

S状結腸癌(大腸がん)のステージは1。

後は経過観察。

 

「もう体内に癌は無いぞ!」というか、癌があったことも忘れていたくらいなんですが…

まだしばらくは、体を大事にしようと思います。

 

 

これから手術を受ける方、

ご家族の方など、

「もうすっかり元気!」と思っても、油断は禁物です!

 

私のように、

食べ過ぎて腹痛&お腹を壊したり、

感染症にかかってしまったりするので(^^;)

 

無理のない範囲で、かと言って それがストレスにならないよう 過ごせるのが一番ですね◎

Google AdSense

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://m-milky.net/trackback/98

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Google Analytics

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM