35歳で、大腸がん(S状結腸)になりました。

「リンチ症候群」という 遺伝子的な原因かもしれないとの事で、後日検査予定との事。

腸を20僂曚廟攴する手術を受けます。

 

***

 

紹介先の病院で診察(電子カルテに「大腸がんの疑い」の文字を見つけてしまう)

 ↓

大腸内視鏡検査の予約を取る

 ↓

今日は、この大腸内視鏡検査。

準備段階の下剤についての体験談です。

 

下剤の内容がメインなので、お食事中の方など お気を付けください。

 

 

前日の食事は…

 

大腸内視鏡検査の前には、腸の中をキレイにする必要があります。

前日は、消化の良いものを20時までに取る。

(肉類・油もの、繊維を多く含んでいるもの、海藻類、こんにゃく、豆類、きのこ類、ゴマは避ける)

 

 

前日の私の食事は、栄養面は完全無視。

消化最優先の食事内容でした(^^;)

 

 

朝:卵粥(市販のレトルト)・スクランブルエッグ・りんご

昼:素うどん。バナナ

夜:卵雑炊(鍋でご飯を出汁で煮て、卵でとじる。画像は水分が無くなってる…)・じゃがいもの味噌汁

 

 

●いよいよ下剤…!

 

就寝前(夜21〜22時)に「ビコスルファートナトリウム内服液」(先発名…ラキソベロン)を5ml、200mlの水に溶かして飲みます。

見た目は目薬みたい。

 

 

味は、ほんのり甘い水。

飲むのに苦痛はありません。

 

前日の準備は以上。

 

明日の朝が大勝負…!

 

 

●下剤が2ℓ…?

 

夜中にトイレで目が覚めると思いきや、朝までぐっすり寝ました。

「あれ?昨日下剤飲んだよね?」と思うほど、何もない。

 

前回の注腸バリウム検査の時も、なかなか効かなかったっけ…。

(参考記事…「初・腸のバリウム検査。事前に飲む薬&効果はどんな感じ?」)

 

さて、いよいよ アレの出番です。

 

 

経口腸管洗浄剤「モビプレップ」。

 

 

袋を開けると…

 

 

ここに 水を1ℓ入れた後、上から押すと AとBの薬が混ざるしくみになっています。

振って混ぜたら「ガスコン散」も一緒に混ぜて溶かし、水をさらに1ℓ追加。

 

そして…

 

2ℓの下剤の完成…

 

 

横からみても、すごい存在感。

 

 

これを、15分かけて コップ1杯(200奸飽み、合計1ℓ飲む

 ↓

1ℓ服用後、必ず「水またはお茶」を500mlを約30分かけて飲む。

便が透明になったら終了。

 

透明にならなかったら、「モビプレップ」200ml → 「水またはお茶」100ml、この繰り返し。

 

 

最低1リットル飲むけど…一度にそんな水分取ったことないし、下剤だし…。

内視鏡検査のドキドキより、その前に立ちはだかる壁の高さにテンションが下がります(汗)

 

 

さて、飲んでみると…

 

スポーツドリンクみたいに、さらっとした液体。

味は、しょっぱくて、甘くて、苦い(^^;)

 

思ったより「まずい!」っていうのはないかな。

 

甘くて しょっぱくて 苦いスポーツドリンク、って感じ(笑)。

 

注腸バリウムの時の「マグコロールP」150mlの方がきつかったな…。

 

 

※冷たい方が飲みやすいので、前日寝る前に下剤を作って、冷蔵庫で冷やしておくのがオススメ!

 

 

●下剤を飲み始めた時間

 

検査がお昼ごろ。

「朝8時から服用開始」とあるけれど、電車に乗って病院へ行くので、それまでに完全に終わらせたい。

看護師さんに相談すると、「早めに飲み始める分には構いませんよ」との事。

 

便が透明になったら下痢が止まる、という訳ではないけれど、早めに飲み始めれば ピークも早く来るわけで。

「完全に出し切ってから家を出よう!」と、約1時間早い 7時前からスタート!

 

 

□下剤を飲み始めて…

 

飲み始めてから 30分くらい経った頃「トイレ行きたいな…」と感じ、トイレへ。

 

腹痛はなし。

 

それからは、10〜20分間隔のペースでトイレへ。

籠りっきりというより、1回行く→下剤飲む→10〜20分後トイレへ…というサイクル。

 

1ℓ飲むのに、2時間かかりました。

2時間飲みっぱなし…!

 

4〜5回程度トイレに行くと、もう完全に水状態。

あとは、回数をこなして透明になるのを待つばかり…。

 

飲み始めて2時間過ぎ、だいたい9時半頃には 透明になって 検査OKな状態に。

 

夫が休みで、子どもの朝の支度&園バスはお願いしたので、ちょっとひと眠り。

 

完全透明になった後は トイレの回数が減り、1時間に1回行く程度。

これなら電車も余裕!

病院へ行く前に、もう一回トイレに行っとくか〜、と行ってみると…

 

完全透明だったのに、あれ…濁ってる??

 

 

もっと下剤が必要だった?

病院に行って、さらに下剤を飲んだ方がいいのかな??

この状態で検査できる??

合計で12〜13回くらいトイレに行き、飲んだ下剤は1,2ℓだったけど、足りなかった?

 

 

 

病院へ向かいながら、不安な気持ちで「トイレに行きたくなったらどうしよう!」の気持ちは すっかり忘れてしまったのでした。

 

(電車の中や歩いている時 トイレに行きたくなる事は無く、無事に病院まで着きました。)

 

 

実際の検査については、次回に続きます◎

 

JUGEMテーマ:がん全般

Google AdSense

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://m-milky.net/trackback/62

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Google Analytics

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM