健康診断を受けて、結果が要精密検査になり、注腸バリウムの検査をすることになったのが前回の記事。

 

(関連記事)「健康診断の結果が、要精密検査に。その後病院に行ってみると…。

 

今日は、検査の流れについて。

初めてのバリウム。

緊張と不安でいっぱいの中、看護師さんからいろいろと説明を受けました。

 

●検査準備は、前日の朝から

 

 

お茶・お水以外の水分摂取は避ける。

食事は、検査食のレトルトのみ。

 

【前日】

<朝>中華粥・コーンスープ

<昼>カレーライス・コーンスープ

<夜>親子丼・お吸い物 + (薬)マグコロールP 50gを150ccの水に溶かして飲む。

(※卵アレルギー・カレーが食べられない方は、素うどんに変更)

<午後9時>

(薬)ラキソベロン液1本を水200佞忘ぜて服用→追加で水200×2杯を飲む

(薬)ガスモチン錠4錠、プルゼニド錠4錠を服用

 

●当日は…

 

<朝6時>(※検査時間が8時30分〜の場合。検査時間が12時30分〜の場合は、朝7時。)

出来るだけ少ない水で、ガスモチン錠4錠を服用。

 

これ以降、水分の摂取は控える!

 

 

薬。紙コップも付けてくれました。

粉末の「マグコロールP」は、たくさん入ってて存在感があります…。

 

 

 

●初・バリウムは不安だらけ…。

 

説明を受ける前に、先に検査日を決めました。

病院から提案された日が、子どもの幼稚園のお弁当の日で検査時間が12時30分〜。

最初は、「お弁当作って片付けして、掃除したりして…12時30分なら大丈夫かな◎」なんて軽く考えていましたが…

 

説明を聞いていくうちに、前日の夜&朝に いわゆる下剤を飲んで、果たしてお弁当は作れるだろうか…。

前日は検査食&早朝のみの水で、12時30分は長くない?

その後検査が終わって、実際に食事できるのが14時くらいだとして…持つだろうか?

その後まもなく幼稚園から子どもが帰ってくるけど大丈夫?

 

何せ 初・バリウム。

勝手が分からないので、不安要素が次々と出てきます。

少しでも不安を減らしたい!

結果、夫が平日休みの日の8時30分〜に変更してもらいました(^^;)

 

子どもと夫の朝ごはんは、パンとスープ。調理せずに済むものを。

朝の園バスの時間に間に合わないので、夫にお願い。

幼稚園のお弁当の日じゃない時に。

 

準備は万端!あとは私の心の準備次第。

 

 

●下剤が怖いなぁ…。

 

出産の時、陣痛が10分間隔の時に「お腹を壊して痛い」とずっとトイレに籠ってました。

そのうち、お腹が壊れそうな痛みがあるけれど、何もない。でも痛い。私はトイレから出られるのか…?という状態に。

後で助産師さんに聞くと、「それは赤ちゃんの頭じゃない?」との事…!

 

お腹を壊した時の、お腹にグーッとくるような鋭い痛み。

あれは陣痛に似てます。

「似てます」っていうか、実際間違えてました(笑)

 

下剤は服用経験なし。果たして あの痛みがくるんだろうか…とドキドキします(^^;)

 

長くなってしまったので、検査食についての詳しい事は次回に◎

 

 

JUGEMテーマ:検査

 

Google AdSense

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://m-milky.net/trackback/54

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Google Analytics

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM