中禅寺湖畔にも日光二荒山神社が。「日光二荒山神社 中宮祠」へ(1)

  • 2018.02.03 Saturday
  • 11:51

スキー場で雪遊び→日光東照宮・日光二荒山神社の小旅行。

続きは、「日光二荒山神社 中宮祠」です。

 

(関連記事)

スキー場で雪遊び!@ハンターマウンテン塩原「キッズパーク」

スキー場のお昼は、モスバーガーで@ハンターマウンテン塩原

ハンターマウンテンの塩原の後は、日光東照宮へ。

 

 

今まで何十回と訪れていた、日光東照宮・日光二荒山神社。

中宮祠があると知ったのは、訪れた当日!

カーナビで確認中に その存在を知り、なぜか「訪れたくて仕方がない!」となって…

東照宮・二荒山神社の参拝を早めに済ませた後、日光二荒山神社 中宮祠へ向かったのでした。

 

場所は、中禅寺湖畔。

日光二荒山神社から、車で約30分、16劼曚鼻

鳥居の横に駐車場あり(無料)。

雪深くて最初は駐車位置がなかなか分からず…。

道路脇に、駐車場の案内看板があったのでご安心を。

 

 

鳥居をくぐって階段を上り…

 

 

狛犬さんにも雪が積もってます。

 

 

撮影したはずが、拝殿の画像がどこにも見つからない…。

撮れてなかったのかな?

 

一番好きだなぁ、落ち着くなあ…と思った場所が、こちら。

 

「二荒山上奥宮登拝口」

 

 

鳥居をくぐろうとすると、近くの木の葉に積もった雪がパサッパサッと落ちてきて ちょっとびっくり。

参拝を終えて(封鎖された登拝口の手前に、お賽銭箱と鈴があります)もう一度鳥居をくぐったら、再び雪がパサッ…。

歓迎されているサインと受け取って良いのだろうか??

 

 

灯篭の奥には「男体山の黄金の大蛇神像」。

 

「金運・健康・良縁・勝運

祈願鈴を振って、一巡して、お祈り下さい。」とのこと。

 

鳥居の奥が 男体山の登山口である「登拝門」となっており、冬季期間中の現在は閉鎖。

開山時の5月5日〜10月25日のみ門が開くそうです。

 

 

神社の背景は、霊峰男体山。

全体を写せなかったのが残念!

 

男体山は二荒山神社の境内地。

山頂の奥宮と、二荒山神社の中間に位置しているので「中宮祠」と呼ぶのだそう。

 

「いつか必ず男体山に登頂したい!」と心から思いました。

神秘的・力強さと優しさ両方の雰囲気があって、初めて来たとは思えないほど「大好きだなぁ、包まれているように落ち着くなぁ」と思った不思議な場所。

 

まだまだ画像があるので、続きは次回に◎

 

【日光二荒山神社 中宮祠】

 

(ホームページ)www.futarasan.jp/

(住所)〒321-1661 栃木県日光市中宮祠2484
(電話)0288-55-0017

 

※最新情報などは、ホームページ等でご確認ください。

 

 

JUGEMテーマ:国内小旅行

コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL