ガチャガチャで餌を買おう!荒川のいきものに会える「さいたま水族館」へ。

  • 2018.01.25 Thursday
  • 23:17

先日、「荒川に棲むいきものたちを見てみよう」の さいたま水族館 に行ってきました。

 

2/12(月・祝)まで特別展として開催されている「あれこれ コイ展」も見られます。

チケットは、1枚1枚絵柄が違うみたい。

 

※入館料【特別期間中】

大人…410円(通常310円)

小人(小中学生)…100円(通常も100円)

 

 

敷地内には、大きなコイがたくさん泳いでいて、購入した餌をあげられます!

しかも、購入方法がユニーク。

 

なんと…ガチャガチャ!

 

 

100円で、大きいサイズのカプセルに入った餌が出てきます。

随所に「カプセル回収BOX」と、手を洗う水道がありますよ。

 

こんな至近距離。

 

 

横から見られる場所も。

コイ、大きすぎ…!

 

 

「アオウオ」「ニシキゴイ」「ソウギョ」「ヒレナガニシキゴイ」が泳いでいます。

 

 

特別展の「あれこれコイ展」。

入り口には、和風のレイアウトの水槽に泳ぐコイ達が。

 

 

いろんな種類のコイや、コイに関するいろんな情報が展示されている中…

 

「料理法」…!

 

 

残さずおいしく頂くのが供養…とは言いますが。

泳いでいるそばで「料理法」とは、なんとシュールな(笑)

 

「あれこれコイ展」は、水族館とは別の建物で開催されています。

 

水族館の方はというと、荒川の上流〜河口域までを(200辧)を下るようにして、そこに住む生き物の生態や特徴を順に見ていくスタイル。

途中に、カメに触れる場所もあります。

 

最後は、金魚のコーナー!

金魚好きの私は、ここが一番好き(^^)

 

水槽の下がトンネルのようになっていて、中央は子供が立ち上がれる程のスペースがある「金魚ドーム」。

中から見ても、その様子を外から見ても楽しい!

 

 

さいたま水族館に行ったのは、ポカポカ陽気だった日曜日。

羽生水郷公園が隣接しており、遊具や広場もあるので 家族連れで賑わっていました。

(3〜11月の土日祝は、有料でカヌー体験も!)

 

軽食売店があり、ラーメンやうどん・焼きそば・カレーなども食べられるし、市販のアイスやジュースもあり。

その日は出店も来ていて、チョコバナナ・わたあめ・ゼリーフライも売っていましたよ。

自動販売機も充実していて、アイスの自販機もあり、ごみ箱もちゃんとあります。

お金を入れて動く、車や動物などの形の乗り物もあるので、家族連れは満足できる場所だと思います!

(水族館のみ有料。駐車場も公園も無料!)

 

海の生き物の水族館もいいけれど、たまには川の生き物はどうでしょう?

イワナやヤマメなどみると、「塩焼き?」なんて思ってしまいますが(笑)

お値段も 大人で310〜410円とリーズナブルなので、お近くにお越しの際はぜひ◎

 

【さいたま水族館】

 

(ホームページ)www.parks.or.jp/suizokukan/

(住所)〒348−0011 埼玉県羽生市三田ケ谷751−1

(開館時間)午前9時30分〜午後5時、12月〜2月が午後4時30分まで(入館は終了時間の30分前まで)

 

※休館日・イベント等の最新情報については、ホームページでご確認ください。

 

JUGEMテーマ:子育て情報

コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL