去年の秋頃から続けている、自家製甘酒生活。

昨日の記事の続きです!

(→「自家製甘酒=米麹+水。おいしくて継続1年越え(1)

 

●炊飯器の保温機能をつかって、米麹と水だけで4時間

 

出来上がりました。

 

 

ミキサーにかけて なめらかにする方法もあるけれど、この粒々が残っている方が好き!

 

このまま食べると「砂糖入ってるよね?」というくらい、甘いです。

初めて食べた時は、本当にビックリ!

優しい自然な甘さなので、ホッとします◎

 

水を入れて熱を加えただけで、こんなに いい香り&甘くなるなんて。

発酵ってすごい。

 

 

●毎朝、牛乳割りで飲んでます

 

 

見えにくいけれど、下のほうに甘酒の粒々が。

ゴクゴク飲みたいので、牛乳と甘酒は2:1くらいにしてます。

砂糖を入れた、優しい牛乳になったみたいで 毎朝欠かせません◎

 

豆乳割りにしたい所だけど、豆乳飲むのは 家で私だけ。

牛乳だと子どもも飲めるし、料理に使えるので 牛乳で続けてます。

豆乳のイソフラボン成分…欲しいところだけど、実用性重視&カルシウム摂取の方向で(^^)

 

ちなみに、甘酒は栄養素の面からみると、加熱がNGだそう。

市販の甘酒は 殺菌のため加熱処理されているので、熱に弱い酵素は死滅状態。

自家製のもののみ、生きた酵素を取れるわけです。

 

温かい牛乳と一緒に甘酒を!と思っても、アツアツの状態だと せっかくの酵素が台無しに…。

ちょうど良い発酵温度の60℃。

この温度に調整して温めるのが億劫なので、いつも「冷・生甘酒の牛乳割り」です(笑)

 

 

●甘酒を続けて1年超え

 

お肌の調子以上に、風邪を引かない効果のほうが絶大な気がします。

甘酒を切らしてしまったり、飲めなかったりで数日過ごすと…だいたい風邪引く事が多い(-_-)

もし甘酒を完全に飲まなくなった場合、私はどうなってしまうんだろうか(笑)

 

米麹と水で、炊飯器の保温機能のみ。

簡単&おいしい&健康増進!(もちろん美容も)

ぜひ一度お試しを!

 

 

Comment