●炊飯器に 水+米麹だけで、おいしい甘酒が

 

自家製甘酒を始めて、1年が経ちました。

 

「甘酒=酒粕」のイメージが強く、苦手意識があり 進んで甘酒を飲むことはありませんでした。

 

しかし!透き通った肌で素敵だなぁと思った 檀れいさんが、テレビで「自家製甘酒を、豆乳で割って飲んでいる」というのを見て 興味深々。

 

●酒粕は使わず、米麹と水

●豆乳で割って飲む

●自然な甘さでおいしい

 

酒粕を使わない甘酒?豆乳割り??甘い???

そして、あの素敵なお肌!

もう試さない理由なんてありません(笑)

 

図書館で いろんな甘酒の本を借りて、行きついたのが 炊飯器の保温機能を使って作るもの。

 

割合は、米麹:水=1:2。

(いつも米麹100gと水200佞悩遒辰討泙后)

 

発酵に最適な温度は、60℃前後。

米麹に注いでちょっと温度が下がるのを考慮して、62℃にした水(お湯)を投入!

 

お湯を入れた直後。

 

 

乾燥を避ける&温度を保つため、布巾をかけて 4時間。

1時間も経過すると、甘い香りが漂ってきます♪

 

 

●4時間後…完成!

 

 

途中経過を見てみると、水分が無くなってて不安になりますが…

出来上がりは、ご覧の通り!甘味たっぷりの水分もありますよ。

 

米麹は、いつも愛用しているものを切らしてしまったので、今回はこちらを購入。

「かねきち こうじ」。

年末に行った「道の駅 みわ」(みわ★ふるさと館 北斗星)で見つけました。

(記事は →「なめこのような?えのき茸のような…『かきのき茸』」

 

 

板状になっているので、ほぐしてから使います。

甘酒は、毎朝の楽しみ。

 

次に続きます☆

 

Google AdSense

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://m-milky.net/trackback/38

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Google Analytics

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM