JUGEMテーマ:美味しいパン屋さん

 

先日訪れた、雑司ヶ谷にある おしゃれなパン屋さん COFFEE&BREAD「うぐいすと穀雨」。

(記事は → 雑司ヶ谷で発見!おいしい&おしゃれなパン屋さん「うぐいすと穀雨」。

 

お目当ては、クリスマスのこの時期のお馴染み、ドイツの伝統ある菓子パン「シュトーレン」。

一見パウンドケーキのような見た目で、ラム酒漬けのドライフルーツ・ナッツがたっぷり。

生地のほか、焼き上がりに溶かしバターを何度も塗り、たっぷりの粉砂糖でコーティングしてあるのが日持ちのコツ。

「アドヴェント(待降節)」という クリスマスの4週間前からイブまでの4週間、少しずつスライスして頂きます。

ラム酒やフルーツが生地に馴染み、日々熟成も進んで、旨味が増していくシュトーレンを頂きながらクリスマスを楽しみに待つんですね。

 

「うぐいすと穀雨」のシュトーレン、予約・取り置き・配送は不可との事。

お店での購入のみです。

開店15分後に入店、無事購入できました。

 

ハーフサイズ  1,500円(税込)

 

 

原材料。

 

 

包みを開けると…

 

 

密閉されてます。

未開封で3週間程度、開封後はなるべく数日中に。

(本場のレシピだと1か月以上の日持ちも可能だけれど、日本人好みにアレンジしているためとの事)

開封後は、ラップに包む&ジッパー付きの密閉袋に保存!

 

熟成度が浅いため、1週間程度寝かせるとおいしいと おっしゃていました。

1週間、楽しみに待とうか♪

 

数年前に初めてシュトーレン(外国産)を食べたときは、独特なスパイスの感じがあまり好みではなかったけれど…

最近改めて食べてみて(パン屋さんで購入)、ぎっしり入ったフルーツとスパイスのハーモニーがいいね!と思うように。

日本人向けにアレンジされたものだったのかな??

 

うぐいすと穀雨で人気のシュトーレン、頂くのが楽しみです。

クリスマスではなく、大晦日の楽しみかな◎

 

あと購入したパンは…シナモンロール、食パン「まいにち」、フランスパン「ハーブ」。

続きます☆彡

 

【お店の情報】

うぐいすと穀雨

(HP)www.uguisu-kokuu.com/

(住所)東京都豊島区雑司ヶ谷3-8-1 木村ビル2F

(TEL)03-3982-9223

(営業時間)木〜土曜(11:00〜18:00、ラストオーダー17:00)、日曜(11:00〜16:00、ラストオーダー15:00)

(アクセス)

・都電荒川線「鬼子母神前」駅より徒歩5分

・東京メトロ副都心線「雑司ヶ谷」駅2番出口より徒歩3分

 

※最新情報は、ホームページ等でご確認ください。

 

Google AdSense

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Google Analytics

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM